キャピタルゲインよりインカムゲインの方がいい理由とその違い

f:id:hyok2525:20180123050837j:plain

今回は、投資の収益モデルの話です。

投資の収益モデルには「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つがあります。

その2つの「違い」と「どっちがいいのか」というを考えていきます。

キャピタルゲインとは?

キャピタルゲインとは、「投資対象の売買の差額で得る収益のこと」です。

最近だと仮想通貨で儲けようとしている人たちのほとんどはこのスタイルです。

株式売買や為替取引のほとんどがこの収益モデルになりますね。

テレビなどでよく見るチャートを見ながらカチカチやってるやつです。

関連記事

www.loki1115.com

インカムゲインとは?

逆にインカムゲインとは、「資産保有で発生したものを得る収益のこと」です。

株の配当金や家賃収入といった定期的に安定した収益を得ることができます。

投資をよく知らない人からしてもピンとこない収益モデルですよね。

関連記事

www.loki1115.com

キャピタルゲインとインカムゲインはどちらが良い?

このような見出しを付けて対立煽りをしようとするわけではないですが、

私のように投資の勉強を始めて一年未満の初心者に取ってどちらが良いかという話です。

キャピタルゲインの特徴としては・・・

  • 大きな収益を得ることが出来る
  • 投資に関する情報により敏感になる
  • リスクもある

このような特徴があります。

最近の仮想通貨報道を見てる方ならわかりやすいように、差額で億万長者になる人もいれば、損をして一文無しになる人もいます。

この例はかなり極端ですが、大きく儲けることができる代わりに損をする可能性もあるのが、キャピタルゲインの特徴です。

インカムゲインの特徴は・・・

  • 少額だが安定した収益を得ることできる
  • ある程度勉強すると、勝手に収入が入ってくる
  • リスクがあまりない

このような特徴があります。キャピタルゲインとは、まったく逆な特徴を持ちますね。

投資する金額にもよりますが、安定した収益が手に入るのはインカムゲインです。

今回私がオススメしたいのは、インカムゲインの方です。なぜなら、基本的に損をしないから。一応、きちんとポートフォリオを組まないと損をしますけど、ある程度勉強をしたり、収益が発生するにあたってのポートフォリオを立てれば、莫大な損を抱えることはありません。

キャピタルゲインは、大きく稼げてもいつ損するかわからないという精神汚染常に市場の状況を把握しないといけないというストレス初心者向けではないという結論です。

関連記事

www.loki1115.com

キャピタルゲインで勝負するのがダメというわけではない

もちろん、キャピタルゲインを全否定するつもりはありません。

実際、プロの資産家の方々でキャピタルゲインを行っている方もいるのですから。

投資初心者がキャピタルゲインを行う為に必要なことは、投資対象の基礎知識と市場状況を詳しく知ることです。インカムゲインにも同じくして言えることですが、キャピタルゲインはさらに突き詰める必要があります。

そして、精神衛生を良くするためには、リスクヘッジが必要になります。

例えば「インカムゲインとキャピタルゲインの両建てをする」といった方法で自分の資産に安定感を持たせ、少しでもリスクを減らしましょう。

まとめ

インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の違いを紹介しました。

インカムゲインをかなり推しましたが、少なくとも私のような堅実スタイルを貫くユーザーには向いていると思ってます。

インカムゲインも市場環境によって、収益が変わることがあります。しかし、キャピタルゲインのような大損をする可能性は少ないです。

投資に必要なのは、大きな利益より少ないリスクです。(私のモットー)

このスタイルを貫くことでいずれ成功を収めたいと思います。

www.loki1115.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください