LINEが仮想通貨事業に参入します!新会社「LINE Financial」を設立しました!

f:id:hyok2525:20180131142346j:plain

LINE」が今月10日に仮想通貨などの金融事業に参入するため、

新会社「LINE Financial」を10日に設立しました。

大手企業「LINE」の動向

「LINE」は、昨年「LINE Pay」というモバイル決済サービスで、

年間取引高4500億円を突破し、金融事業に大きく事業拡大を行いました。

この流れを止めることなく、新しい時代に先駆けて、

仮想通貨事業にも、事業を新規開拓していくようです。

先日の大手仮想通貨取引所の不正アクセス問題があったこと受け、

これまで培ったきたサービスの高いセキュリティ面と、

仮想通貨技術への研究開発を積極的に行うことで、

安全な金融事業を目指していくようです。

LINEのような常に新時代を推し進める企業は、

時代の流れをしっかり追って行けているので、オワコン化し廃れることがありません。

新技術に恐れることなく挑戦し続ける企業は、これからの時代とても強いです。

LINEは、2018年も伸びていく企業の一つになるでしょう。

linecorp.com

反面「Facebook」は仮想通貨事業を撤退しました。

Facebook」や「Instagram」は、先日仮想通貨事業から離れました。

それは「自分の企業色と合わないから」という考えの元の決断。

それも良い判断だと思いました。

本業の企業の色が変わってしまうことで、経営が傾く恐れがあるというなら、

その判断も経営者としては、何ら問題はありません。

しかし、この判断は時代の流れに一歩遅れを取ることになると思います。

Facebook」は、AI(人工知能)事業に進んでいるので、

方向性の異なる未来への事業方針だと考えれば、特に問題はなさそうですけどね。

headlines.yahoo.co.jp

まとめ

少し話は変わりますが、LINEの文章で素敵な部分があったので、紹介します。

LINEでは、「LINE Pay」事業に加え、「LINE Financial株式会社」での事業を通じ、金融事業領域をさらに強化し、引き続き人とお金・サービスの距離を近づけてまいります。将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、フィンテックの世界をリードする存在になることを目指します。

上記の文章は、LINE公式サイトの文章を引用させていただきました。

将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会」に大いに賛成します。

早く現金が必要ない時代が来ないかなぁ」と日々考えてます。

話を戻します。

最初の方でも言いましたが、最新技術や流行をいち早く捉え、行動していくことは、

これからの時代、企業としてとても強いです。

もちろん、企業だけでなく、個人としても強さになります。

なので、私も最新技術や流行には、よくアンテナを張り、情報収集することで、

自分自身の力にしていこうと思います。

情報をアウトプットすることで、自分の理解力を高めると同時に、

読んでくれた読者さんに還元出来たら良いなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.