【2018年】仮想通貨Ripple(リップル)とは?購入方法と今後の将来性

f:id:hyok2525:20171213195138j:plain

今回は、改めてRipple(リップル)について紹介します。

結構、話題にしてるくせに基本的な紹介をしてなかったなぁ」と思いましたので、

今回基本的なところから紹介していきます。

他のサイトと被ってる内容だったら、ごめんなさい。

一応、私的な見解も含めて、今後の将来性を書くので、

読んでいただけるとありがたいです。

Ripple(リップル)ってどんな通貨?

リップルとは、アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるリップル社が提供する仮想通貨です。

決済や送金に使われるビットコインに似たような仮想通貨ですね。

Rippleの特徴は?

先ほど、ビットコインに似ていると言いましたが、

決済や送金に使われる使用用途が似ているだけで、仕組みはまったく異なり、

Rippleは、ブロックチェーンを使用しない独自の電子送金プロトコルで取引をします。

そのため、ビットコインより送金スピードが速く、消費電力やスケーラビリティの問題を改善できる特徴を持っています。

Rippleはどんなことに使われてるの?

私もよくわからなかった部分が多かったので、わかるところだけ話します。

一応、将来的に金融や銀行関係のシステムに応用される可能性があるそうです。

具体的には、銀行同士のシステムネットワークに使用されるとのこと。

既存の銀行システムを上回る「送金スピード」と「管理コスト」が魅力だそうです。

もちろん、個人同士の取引も可能です。

世界的にも注目されてる技術で、それに期待している企業等が提携し始めています。

仮想通貨の中でも企業提携が多い部類だと思います。

Rippleの今後の将来性は?

これについては、はっきり言えることがあります。

値動き等は、全てRipple社の動き次第。

投機目的でRippleを売り買いするなら、Ripple社のTwitterのツイート情報を常時手に入る状態にしましょう。

そうすれば、ある程度Rippleの方向性が見えてきます。

こういうことを言うと、「他の通貨もそうだろ」となりますが、

Ripple場合、会社の動向が顕著に値動きに反映されます。

理由としては、他の仮想通貨との干渉が少ないから。

値動きが大きくなる要因は、企業提携とRippleの技術的開発ですね。

あとは、最悪Ripple社が潰れた時かな。

Rippleを取引できる取引所

coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

他にも様々な仮想通貨を取引できる取引所です。

まとめ

私的に長期保有するには、オススメな通貨だと思います。

しかし、持っていても個人単位使い道がわかりにくいです。

投機目的で長期保有するのが、一般人の目的としては正しいと思いますね。

私が勉強不足なだけかもしれませんが、NEM程の魅力は感じませんでした。

(こんなこと言ってますが、一応少しだけ保有しています。)

もしよければ、Rippleの良い投資目的があれば、コメントで教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.