【草コイン】Aidos Kuneen(ADK)ってどんな仮想通貨?購入方法と今後の将来性

f:id:hyok2525:20180130072319p:plain

今回は、大学の友人が熱心に勧めてきた仮想通貨「ADK」についてです。

マイナー中のマイナーコインです。可能性はあるのでしょうか?

Aidos Kuneen(ADK)とは?

Aidos Kuneen (アイドス・キュネーン) 」は、 Ricardo Badoer(リカルド・バドエル)氏によって開発されている匿名仮想通貨です。

別称・略称は、「ADK」。

IOTA や ByteBall で採用されている「DAG」というデータ構造を元にした技術が利用されています。(iMesh)

ちなみに「DAG」とは、「Directed acyclic graph」の略です。

ビットコインのブロックチェーンとは、異なる技術になります。

この記事の後にでも比較解説記事を作ります。

今は「そういう技術があるんだ」という認識でOKです。

※追記です。DAGの解説っぽい記事を作りました。

www.loki1115.com

ADKの購入方法

f:id:hyok2525:20180130071831p:plain

ADKは、一般取引所で扱われておらず、独自の取引所があります。

ADK取引所:「Aidos Market

https://aidosmarket.com/

必須項目埋めて、利用規約にチェックを入れたら、登録できます。

f:id:hyok2525:20180130074901p:plain

ADKは、BTCを利用して取引するため、事前に日本円をBTCに変える必要があります。

Zaif」や「bitFlyer」、「coincheck」でビットコイン(BTC)を買いましょう。

無事ADK取引所にBTCを送金できたら、取引できる状態になります。

詳しい送金方法は、こちらのサイトで紹介しています。

bitcoin-cryptomona.com

「ADK」の今後の将来性

ADKは、草コインではありますが、プロジェクトとして動いてる部分は多く、

・リトアニアのMisterTango銀行と提携

・タンザニアの中央銀行の買収?

その他銀行関係がいろいろありますね。

明確に内容が報告されているのは、上の2つです。

タンザニアの中央銀行と正式連携すれば、国家単位で認めたようなものですね。

一気に価格帯が上がりそうな気がします。

「ADK」の注意点

独自取引所ということで、裏付けがとても弱いものになっています。

最悪な事態になると、GOXする(資金がなくなる)おそれがあります。

投資する際は、動きに注目しつつ、慎重に行いましょう。

まとめ

まだまだ伸びしろがありそうな仮想通貨でした。

どのように規模を拡大し、知名度を上げていくのか楽しみですね。

Aidos Kuneen(公式サイト)

http://www.aidoskuneen.com/

関連記事

www.loki1115.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.