投資センターFX

大学生が投資の勉強をしていきます。

【2018年】仮想通貨モナコイン(MONA)とは?購入方法と今後の将来性

f:id:hyok2525:20180204144747j:plain

 

モナコイン(MONA)」という仮想通貨について紹介します。

かなり流行から外れた仮想通貨な気がしますが、

2018年これから再起する可能性があるかを考えていこうと思います。

 

モナコインとは?

国内掲示板2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で開発された仮想通貨です。

開発ベースは、ライトコインです。そこから最新技術で独自の進化を遂げています。

 

オタク文化を中心に開発が進められ、今では決済システムにも使われています。

国内発足の仮想通貨ということもあり、コミュニティ層も厚くなっていますね。

 

モナコインの特徴

前述したように、既に決済システムとして成立しています。

秋葉原のパソコンショップ「アーク(ark)」というお店で行われています。

 

他にもイラスト・漫画コンテンツを購入できる「Monappy」や

長野県に作られた「モナコイン神社」など、いろいろなサービスがあります。

 

私自身、TwitterのTLで「tipmona」という投げ銭システムを使ってるユーザーを見かけたことがあります。一般の方も使っていたので、驚きました。

 

送金スピードは、ビットコインより速いです。それもメリットの一つですね。

 

モナコインの将来性は?

他の仮想通貨と違い、使用用途が既に存在しており、

加えて、国内仮想通貨ということで、独自の成功経路がある気がします。

 

仮想通貨が下火になってしまったとしても、決済システムや投げ銭システムなど、

疑似電子マネーのような立ち位置で生き残る可能性があります。

 

モナコインが伸びていくためには、連携サービスが増えることとユーザーの認知度を上げていくことが必要だと考えます。

 

国内では、認知されつつありますが、世界的にはまったく認知されていません。

国内限定仮想通貨にするのであれば、国内連携サービスの拡大など、

開発方向性の進路を固める必要があるため、その対策をするべきでしょう。

 

モナコインを購入できる取引所

Zaif

 

手数料が安く他にも様々な仮想通貨を取引できる取引所です。

 

まとめ

モナコインは、お遊びで作った適当な仮想通貨だと思ってましたが、

開発や提携サービスの内容を見ると、結構まともな通貨だということ再認識しました。

 

他の仮想通貨にも言えることですが、店舗の一般認知度や売上向上を目指すなら、

仮想通貨の決済システムをいち早く取り入れるべきだと思います。

 

大手家電量販店の「ビックカメラ」だって、ビットコイン決済を取り入れてますし、

時代の流れとしては、何もおかしなことはありません。

客層を広げるためにも、時代に沿ったシステムはこれから必要になる気がします。

 

今回モナコインを調べてみて、他の仮想通貨と少し違いますけど、

ガラパゴス的な独自の路線を突き進んで欲しいな」と思いました。