投資センターFX

大学生が投資の勉強をしていきます。

【2018年】仮想通貨 Factom(ファクトム)とは?購入方法と今後の将来性

f:id:hyok2525:20180112013118j:plain

 

今回は、Factom(ファクトム)について調べてみました。

発音がファントムみたいですね。(ファントム=Phantom)

 

 

Factom(ファクトム)とは?

Factomとは、ビットコインの技術を応用して作られたビットコイン2.0通貨です。

そういえば、LISKAugerもビットコイン2.0通貨でしたね。

内容は少し違えど、同じ親の兄弟だと思えばいいでしょうか?

 

Factomの語源は、Factから来ており、「事実」という意味らしいです。

「事実」との関連性は、後述した内容で理解できると思います。

 

Factomの特徴は?

Factomの大きな特徴は、セキュリティに特化しているところ。

ブロックチェーンのデータ改ざんが不可能なことから、書面や記録を分散して管理することができます。

書面等と違い、電子データとして分散させて管理することで、セキュリティ性を高めています。

 

「ビットコインの技術を応用している」と前述しましたが、

Factomは、デジタル硬貨ではなく、電子データとして扱われます。

 

Factomはどんなことに使われるの?

セキュリティの高さから重要記録を扱う「医療」「証券」「選挙」「登記」等を扱うことになる可能性があります。

電子データにされた記録は、管理及びデータの追跡も可能なので、紛失する可能性は極めて少なくなります。

医療現場で利用できるようになると、かなり価値が上がりそうです。

 

Factomの将来性は?

Factomが大きく関係しているのが、中国とアメリカの企業なので、

その辺の情報が大きく価値を左右するのではないかと思われます。

 

日本では、イマイチ定着していませんが、

医療や証券関係に利用されることになれば、大きく日本でも注目されるでしょうね。

 

Factomを取引できる取引所

coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 様々な仮想通貨を取引できるので、おすすめです。

 

まとめ

Factomは、かなり信用性が高い仮想通貨だということがわかりました。

日本で流行っていないのが、ネックな部分ですね。

どこかしらの国内企業が提携すれば、もっと勢いづく気がします。

勢いに乗る前に買っておくのも一つの手かもしませんね。