投資センターFX

大学生が投資の勉強をしていきます。

【分裂回避】ビットコイン「Segwit2x」の中止による影響や弊害

こんにちは、本格的に寒くなってきましたね。

北海道の冬は、遭難するほどに危険なので、

暖房費をケチって凍死しない程の投資額で今日も頑張ります。

(余計に寒くなりましたね。。。)

 

f:id:hyok2525:20171109191954j:plain

今日は、本日発表された。

ビットコイン「Segwit2x」の速報についてです。

 

 

「Segwit2x」のおさらい

何日か前の記事で、少し取り上げました。

 

www.loki1115.com

 

簡単におさらいすると、

11月中旬にビットコインのハードフォーク「Segwit2x」が予定されており、

ビットコインが分裂し、大幅な値動きが予想されていました。

 

その「Segwit2x」が中止になりました。

 

なぜ中止になってしまったのか?

聞く話によると、「Segwit2x」を推進していたグループ内で、

ビットコインコミュニティーで十分な同意を得られていない

という話。

 

同意が得られないと、どういった影響を及ぼすかというと、

今回の「Segwit2x」を行うことで、今までのブロックチェーン技術を一新させます。

 

ビットコイン側からすると、かなり大きな動きになるため、

開発者及び取引所、マイニングをしている人(マイナー)の合意が重要になります。

 

しかし、あまり多くの合意を得られませんでした。

強行を行えば、ビットコインの信用に関わるため、中止になったというわけです。

 

中止によって相場に影響はあるのか?

かなり相場が高騰しました。(特にアルトコイン)

 

f:id:hyok2525:20171109190700p:plain

 

ビットコインは、最高87万円まで到達したらしいです。

そしてすぐに、元の値段(83万代)に暴落したのだとか。

 

私が期待しているNEMやイーサリアムも高騰してました。

このまま徐々にでいいので、上がっていって欲しいですね。

 

まとめ

ビットコイン的には、「Segwit2x」が中止になってよかったのではないでしょうか。

かなり順調に値段が上がっているので、変に分裂する必要もないですしね。

アルトコインもこの流れに続いて欲しいところです。

 

一体、このビットコインのバブルは、いつまで続くのでしょうか?

 

ビットコインのすべてがわかる本

ビットコインのすべてがわかる本