投資センターFX

大学生が投資の勉強をしていきます。

株とFXと仮想通貨の違いは?リスクと投資スタイルの比較

みなさん、こんにちは。

今日は、「主な投資の種類と比較」をしていきたいと思います。

題材は、株とFXと仮想通貨です。

 

 

株とは?

簡単に言うと、企業向けの投資ですね。

 

世の中には、多数の企業があります。

その企業の信用や業績を見極めることで利益を得ます。

 

信用や業績が良くなれば、会社の質が上がり、株の価値が上がります。

買ったときの値と売るときの値の差額を利益として得ることが出来るようです。

 

イ〇ンやユ〇クロ等といった私たちが普段利用するお店も株を出しており、

なんとなく理解しやすい。

 

FXとは?

次にFXについてです。

簡単に言うと、通貨に対しての投資になりますね。

 

株と比べて、通貨の数は少ないので、的を絞りやすい。

ですが、国のお金ということでグローバルな話になってきます。

世界のニュースに興味がなければ、難しそうです。

 

1日の取引時間が24時間であることも利点の1つですね。

(取引時間によって値動きに差があるようですが)

 

仮想通貨とは?

最後に仮想通貨です。

簡単に言うと、仮想のお金を使った投資です。

 

最近、ビットコインのの話をよく聞く機会が増えています。

一般に日の目を浴びた始めたのは、今年からです。

 

数年前まで、価値のとても低いものでした。

ですが、近年大幅に仮想通貨の価値が上がり、投資家達が目を付けたようです。

 

私の友人もビットコインのトレードをしております。

損利益はそこそこらしいです。

 

まだまだ次々に仮想通貨が生まれてきてるので、

これから期待される投資方式ですね。

 

各投資のリスクは?信用取引レバレッジ

投資には、リスクが付きまとうもの。

私もこのブログを始める前まで、投資は怖いものだと思っていました。

ですが、調べてみたらそうでもなかったです。苦笑

 

投資が怖いとされる理由は、

信用取引」や「レバレッジ」という制度があるからです。

 

信用取引」というのは、証券会社に信用をしてもらうことで、手持ちの資金以上のお金を借りること。

 

レバレッジ」というのは、FX会社から最大25倍の資金を借りることで、取引をします。

 

2つに共通することは、ハイリスクハイリターンな投資ができること。

 

例えば、手持ち資金が1万円でスタートした場合、

レバレッジを10倍掛けると、10万円の取引ができるようになります。

そうすると、値動きがした時の損利益も10倍で計算されます。

 

大金を動かせる夢のようなシステムですが、

手持ち資金を超えて損をした場合、借金を伴う可能性があります。

 

その辺を注意しなければなりませんね。

 

結局どの投資方式がいいのだろうか?

私もかなり悩みましたが、

とりあえず株はないですね。

 

なぜなら、初期の投資金額が大きいこと。

1回の投資で1~10万ほど必要になるそうです。

ちょっとハードルが高いかも。

 

FXやビットコインは、1万円以下でも始めることが出来るようです。

なので、どちらにしようか迷っています。

 

初心者なので、最初は大きい金額を掛けずに

勉強がてら取引してみることにします。

 

もう少し勉強を重ねていきましょう。

 

まとめ

上記の項目でまとめにしようかと思いましたが、

一応、全体のまとめです。

 

・株やFX、仮想通貨にはそれぞれの投資スタイルがあること。

・投資は、勉強するとあまり怖くはないこと。

・ただし、レバレッジは怖い・。・

 

以上です。